究極ハリキリスタジアム(ファミリーコンピュータ)の無料動画を楽しもう♪

【発売日】 1988年6月28日
【発売元】 タイトー
【開発元】 ナウプロダクション、タイトー
【ジャンル】 野球ゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

概要

1988年にタイトーから発売されたファミリーコンピュータ用の野球ゲームです。

当時の野球ゲームブームの最中に投入された、正統派の野球ゲームです。

このゲームの最大の目玉は、試合ごとにポイントが付与され、そのポイントを使って選手を育成できるシステムです。

ユーザーは試合で獲得したポイントを各選手の能力値に割り振ることで、思い通りのチームを育て上げることができました。

この選手育成要素は、当時としては非常に斬新で画期的なシステムでした。

また、育成したオリジナルのチームで対戦プレイも可能というのは、他に例をみない独創的な試みでした。

ゲームに収録されているのは、当時のセ・リーグとパ・リーグの12球団に加えて、1980年代のアイドルたちの名前が並ぶ女子野球チーム「アイドル」の全13チーム。

プロ野球選手のモデルとなった選手名は改変されています。

操作方法としては、野球ゲームブームの火付け役となった『ファミリースタジアム』とほぼ同じです。

投球、送球、バッティング、走塁などの基本操作は馴染み深いもの。

選手オーダー画面では、選手のコンディションがアイコンで表示され、調子の良し悪しが一目でわかる工夫があります。

投手は残りの投球可能数が画面に表示されるので、スタミナを管理しやすくなっています。

守備ではジャンピングキャッチやダイビングキャッチなどのファインプレーがあり、普通のプレーではとれないような打球を処理できるのが醍醐味。

さらに送球時にも回転スローという大技も搭載されていて、多彩なプレーを楽しめます。

ゲームシステムの根幹を成す部分では、当時最もユーザーに馴染み深かった『ファミスタ』シリーズを基本に作られている一方で、選手育成という現在の野球ゲームの基礎を築いた画期的な要素も取り入れられています。

野球ゲームの歴史の中で、本作が担った役割は非常に大きなものがあると言えます。

それまでの多くの野球ゲームが試合の淡々とした進行に終始していたのに対し、本作では様々なイベントを取り入れることで単調さを緩和。

手慣れた操作感と育成要素による戦略性を併せ持ち、イベント要素が過剰にならないようバランス良く組み合わされたゲームデザインが魅力です。