ロウ・オブ・ザ・ウエスト 西部の掟(ファミリーコンピュータ)の無料動画を楽しもう♪

【発売日】 1987年3月6日
【発売元】 ポニーキャニオン
【開発元】 トーセ
【ジャンル】 アドベンチャーゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ファミコン ローオブ ザ ウエスト 西部の掟 (ソフトのみ) FC【中古】

ファミコン ローオブ ザ ウエスト 西部の掟 (ソフトのみ) FC【中古】
1,980 円 (税込)
ソフトのみの商品(中古品)になります。 端子クリーニング・初期動作確認済みです。 商品の方は、少々使用感がございます。 バックアップ電池のあるものに関しましては、 動作確認時に、確認を致しておりますが、 ご購入後の補償は致しかねますので、ご了承お願い致します..

【中古】ファミコンソフト Law of the West 西部の掟 (箱説なし)

【中古】ファミコンソフト Law of the West 西部の掟 (箱説なし)
1,180 円 (税込)
発売日 1987/03/06 メーカー ポニーキャニオン 型番 R53V5907 JAN 4988013008991 関連商品はこちらから ポニーキャニオン 
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要

1987年にポニーキャニオンから発売されたファミリーコンピュータ用のアドベンチャーゲームです。

このゲームは、元々1985年にAccoladeからApple II向けにリリースされた作品を移植したものです。

プレイヤーはアメリカ西部の町の保安官として、11人の住民との交流を通じて犯罪者の情報を聞き出し、西部の治安を守ることが目的となります。

ゲーム内では、選択した会話の内容によって相手の反応も変わるため、住民との「会話シミュレーション」と呼ぶことができる素晴らしいゲームプレイが特徴的です。

それぞれの住民に対して、4つの選択肢を持つ会話を3回行うことでステージが終了します。

主人公の保安官は、意外な反応を示すこともあります。

急に怒り出したり、おどけたり、時には奇妙なウソをついたりすることもあり、予測不可能な要素がプレイヤーに楽しさと驚きをもたらします。

このゲームは非常に面白いものの、短く仕上がっているため、一度か二度プレイしただけでは全体像を把握することが難しく、淡々とした印象を受けるかもしれません。

ただし、その分、何度も遊ぶことで新たな発見があることでしょう。

一方で、ゲーム内の表現が全体的に乱暴な部分も見受けられます。

この点は、些細な違和感を感じる方もいるかもしれません。

ですが、ゲームが制作された当時の時代背景やゲームデザイナーの意図を理解することで、その背後にある意味を垣間見ることができるでしょう。

『ロウ・オブ・ザ・ウエスト 西部の掟』は、ファミリーコンピュータのゲームライブラリにおいて貴重な作品であり、西部の雰囲気を存分に楽しむことができる魅力的なアドベンチャーゲームと言えるでしょう。

懐かしいレトロゲームとしての価値を持ちつつ、新しい視点からも楽しむことのできる作品です。