ファミコンジャンプ 英雄列伝(ファミリーコンピュータ)の無料動画を楽しもう♪

【発売日】 1989年2月25日
【発売元】 バンダイ
【開発元】 トーセ、D&D
【ジャンル】 アクションロールプレイングゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

ファミコン ファミコンジャンプ 英雄列伝 (ソフトのみ) FC 【中古】

ファミコン ファミコンジャンプ 英雄列伝 (ソフトのみ) FC 【中古】
980 円 (税込)
ソフトのみの商品(中古品)になります。 端子クリーニング・初期動作確認済みです。 商品の方は、やや使用感がございます。 バックアップ電池のあるものに関しましては、 動作確認時に、確認を致しておりますが、 ご購入後の補償は致しかねますので、ご了承お願い致します..

FC ファミコンソフト バンダイ ファミコンジャンプ英雄列伝アクションロールプレイングゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..

FC ファミコンソフト バンダイ ファミコンジャンプ英雄列伝アクションロールプレイングゲーム ファミリーコンピュータカセット 動作確..
880 円 (税込)
   その他のゲームソフトを50音順で検索!    &nbsp; &nbsp; &nbsp;   &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; ■□■□ギフト注意書きページはこちら□■□■ 商 品 紹 介 商品名 ファミコン ジャンプ英雄列伝 商品概要 - ジャンル アクションロールプレイング 対応機種 ファミリー..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要

1989年にバンダイから発売されたファミリーコンピュータ用のアクションロールプレイングゲームです。

このゲームは、集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』の創刊20周年を記念して制作された、同誌に連載された歴代人気漫画作品のキャラクターが一堂に会する夢のコラボレーション作品です。

プレイヤーは『週刊少年ジャンプ』の読者を代弁する主人公となり、悪の大魔王ピッコロに支配されようとしている「ジャンプワールド」を救うべく、同誌に登場したヒーローやヒロインたちとともに冒険の旅に出ます。

ジャンプワールドは「現代の世界」と「過去の世界」の2つに大別され、さらに5つのエリアに分かれています。

プレイヤーは各エリアを探索しながら、ドラゴンボール、キン肉マン、城ぬま大王、こちら葛飾区亀有公園前派出所など、週刊少年ジャンプを代表する人気キャラクターと出会い、パーティに加えていきます。

仲間になったヒーローやヒロインは、それぞれ活躍できるエリアが決まっており、専用のエリアからは連れ出すことができません。

ゲーム中には、格闘ゲームやシューティングゲーム、スポーツゲームなど、対戦型アクションを楽しめるミニゲームも数多く仕込まれています。

こうしたミニゲームに参加することで、アイテムを入手したりキャラクターを強化することができます。

ピッコロ大魔王を倒しジャンプワールドを救うと、RPGのようなコマンド選択による最終決戦「英雄と悪役大激突」が始まります。

『これまで仲間にした勇者たち最大16人総結集』VS『悪役13人の反逆同盟』というものです。

プレイヤーが仲間にした英雄たちと、連載作品の悪役たちが一斉に戦い、これに勝利することでエンディングを迎えることができます。

本作の最大の魅力は、「荒唐無稽な設定の土台の上に積み上げられた、昭和の名作漫画・アニメとそのキャラクターたちの望外なコラボレーション」という点にあると言えます。

時間と空間を越えて集結した33作品から選りすぐりのヒーロー・ヒロイン・悪役たちが織り成すドタバタなストーリーは、まさに夢の共演といえるものでした。

特に最終決戦では、子どもの頃に熱中した思い出のキャラクターたちが再会を果たし、壮絶なバトルを繰り広げるあまりの見応えに、プレイヤーの胸は高鳴らざるを得ませんでした。

こうした衝撃的なファンサービスこそが、本作の最大の魅力点だったと言えるでしょう。

システム面ではアクションゲーム寄りの偏りが否めず、RPGとしての練り込みには物足りなさが感じられました。

しかし、豪華なキャラクター陣が実現させた「夢の共演」というコンセプトを全力で押し出したことは、記念作品としていかにも相応しいアプローチだったと評価できます。

昭和から平成にかけて週刊少年ジャンプを支えた名作・名キャラが一堂に会し、時空を超えて戦いを繰り広げるという荒唐無稽な設定は、新しい試みとして当時のゲーム業界に大きな衝撃を与えました。

その意味で本作は、漫画を原作とするゲームの可能性を大きく広げたと言えるパイオニア的な意義を持つ作品でした。

今でこそ漫画コラボゲームは当たり前になりましたが、その先駆けとなった本作が切り開いた独創性は、現在でも色あせることなく、ゲーム史に残る偉大な1ページを飾っていると言えるでしょう。

しかし、残念なことですがミリオンヒット作品ではあるが、過剰出荷からたちまち安売りのワゴンセールに大量に並んでいました♪

人気ソフトの抱き合わせ商品で見たことも良い想い出です・・・

参加作品

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『ジョジョの奇妙な冒険』、『サーキットの狼』、『ついでにとんちんかん』、『父の魂』、『ウイングマン』、『荒野の少年イサム』、『包丁人味平』、『聖闘士星矢』、『リングにかけろ』、『県立海空高校野球部員山下たろーくん』、『燃える!お兄さん』、『ハイスクール!奇面組』、『キャプテン翼』、『銀牙 -流れ星 銀-』、『キックオフ』、『よろしくメカドック』、『アストロ球団』、『シェイプアップ乱』、『トイレット博士』、『ドラゴンボール』、『Dr.スランプ』、『ハレンチ学園』、『THE MOMOTAROH』、『北斗の拳』、『ドーベルマン刑事』、『シティーハンター』、『キャッツ♥アイ』、『ゴッドサイダー』、『きまぐれオレンジロード』、『魁!!男塾』、『男一匹ガキ大将』、『キン肉マン』

関連記事も見てね♪