イー・アル・カンフー(ファミリーコンピュータ)の無料動画を楽しもう♪

【発売日】 1985年4月22日
【発売元】 コナミ
【開発元】 コナミ
【ジャンル】 格闘ゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

【送料無料】【中古】PS2 プレイステーション2 オレたちゲーセン族 イー・アル・カンフー

【送料無料】【中古】PS2 プレイステーション2 オレたちゲーセン族 イー・アル・カンフー
4,650 円 (税込)
画像はサンプルです。セット内容と商品状態は以下をご参照ください。 セット内容:付属品はすべてあります。 商品状態:中古品のため商品によっては多少の汚れやキズがある場合がございます。 ※ゆうメールをご選択の場合は全国送料無料で発送致します。ゆうメールは配送日及..

【期間限定セール】コナミ KONAMI ファミコンソフト イー・アル・カンフー 【中古】

【期間限定セール】コナミ KONAMI ファミコンソフト イー・アル・カンフー 【中古】
990 円 (税込)
【ご注意】商品は店頭・他ネットショップでも販売しておりますので、ご注文をいただいても売り切れの場合がございます。ご了承ください。ブランド名コナミ KONAMI商品名ファミコンソフト イー・アル・カンフー 商品説明外箱に破れなどダメージあります。 ソフト裏面にラベ..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要

1985年にコナミから発売されたアーケードゲームをファミリーコンピュータ向けに移植した対戦型格闘ゲームです。

プレイヤーは、中国の武術家「リー」を操作し、各ステージで現れる敵キャラクターと戦いながら進んでいきます。

敵キャラクターは、それぞれ独特の攻撃技を持ち、プレイヤーはこれらを回避しながら自分の攻撃技を駆使して勝利を目指します。

イー・アル・カンフーは、当時の格闘ゲームにありがちなボタン連打やジャンプキックの乱用に頼らず、比較的シンプルな操作性でありながら、多彩な攻撃技とバリエーションに富んだ敵キャラクターが登場することで、プレイヤーの戦略性や技術力を試すことができるゲームとして人気を博しました。

また、当時のファミコンゲームとしては珍しく、2人同時プレイが可能であり、友達や家族と対戦を楽しむこともできました。

イー・アル・カンフーは、ファミリーコンピュータ黎明期に発売されたゲームの一つであり、その後の格闘ゲームに大きな影響を与えた作品の一つとしても知られています。

発売当時、対戦型格闘ゲームはまだあまり一般的ではありませんでした。

しかし、このゲームは簡単な操作性や多彩な技、そして2人同時プレイができるなど、多くのプレイヤーから支持されました。

また、当時のコナミが持っていた音楽技術の高さがうかがえる作品でもありました。

ゲーム内のBGMは、オリジナルの作曲家によるもので、そのクオリティは非常に高く、多くのプレイヤーから称賛されました。

海外でも人気が高く、北米や欧州でも発売されました。

海外版では、キャラクターの名前やグラフィックが一部変更されているほか、難易度が上がっているなど、日本版とは異なる要素があるため、プレイしてみると興味深いかもしれません。

今でもレトロゲームとして愛されており、様々なゲーム機やオンラインサービスで配信されています。

そのため、今でも手軽にプレイすることができます。

操作方法

ファミコンのコントローラーの十字キーを使用して、プレイヤーを左右に移動させることができます。

上キーを押すと、ジャンプすることができます。

Aボタンを押すと、プレイヤーはパンチを繰り出します。

Bボタンを押すと、プレイヤーはキックを繰り出します。

また、ジャンプ中にBボタンを押すと、ジャンプキックを繰り出すことができます。

プレイヤーは、十字キーで移動しながら、AボタンやBボタンで攻撃を繰り出し、敵を倒していくことが目的です。

キャラクター

・リー
主人公でカンフーの達人。

・ワン
棒術を使って攻撃してくる。

・タオ
火の玉を吹いて攻撃してくる。

・チン
鎖分銅を使って攻撃してくる。

・ラン
女性で手裏剣を使って攻撃してくる。

・ウー
謎の男。

BGM

このゲームの音楽は、当時のゲーム音楽の中でも非常に有名で、その独特のリズム感やメロディーが多くのファンに愛されています。

イー・アル・カンフーの音楽は、コナミの音楽チームであるコナミ矩形波倶楽部によって制作されました。

このチームは、当時のコナミの多くのゲームの音楽を手がけており、その中でもイー・アル・カンフーの音楽は特に有名です。

ゲーム中の音楽は、8ビットの音源を使用して作られており、単純ながらも非常にリズミカルで、プレイヤーを盛り上げるための効果的な演出になっています。

また、ゲーム中に登場するキャラクターごとに異なる音楽が用意されており、それぞれのキャラクターの個性や特徴を表現しています。

特に、イー・アル・カンフーのメインテーマ曲は非常に有名で、ゲームオーバー時に流れる曲も多くのファンに親しまれています。

この曲は、強いリズム感とメロディーが特徴で、当時のゲーム音楽の中でも傑作とされています。

その後の格闘ゲームやアクションゲームの音楽に大きな影響を与えました。

また、コナミの音楽チームであるコナミ矩形波倶楽部は、その後も多くの名作ゲームの音楽を手がけ、日本のゲーム音楽シーンに大きな貢献をしました。

当時の技術的制限にもかかわらず、非常に印象的なものでした。

8ビットの音源を使っていたため、現代の音楽に比べると非常にシンプルなものでしたが、それでも多彩な楽器の音色やリズム、メロディーが組み合わされ、非常に効果的なゲーム音楽となりました。

当時の多くのゲーム音楽は、アメリカのポピュラー音楽の影響を受けていましたが、イー・アル・カンフーの音楽は、日本の伝統的な音楽や楽器の要素を取り入れたものでした。

そのため、日本のゲーム音楽が独自の文化的背景を持つものとして認知されるきっかけとなったと言われています。

今でも多くのゲーム音楽ファンやゲーム開発者に愛され、尊敬されている作品の一つとなっています。

攻略法

プレイヤーは、ジャンプしながらキックをすることができます。

敵の攻撃を避けつつ、適切なタイミングでキックを当てることが攻略の鍵となります。

敵キャラクターにはそれぞれ攻撃パターンがあり、パターンを覚えておくことで避けやすくなります。

また、敵キャラクターの攻撃を回避することで、反撃のチャンスをつかむことができます。

キック以外にも、パンチやジャンプキックも使い分けることができます。

特にジャンプキックは、遠距離攻撃に使えるため、攻略の幅を広げることができます。

ゲームの難易度は高めですが、攻略にはコツを掴むことが重要です。

人気

当時、格闘ゲームのジャンルがまだ確立されておらず、このゲームはその先駆けとして人気を集めました。

主人公のリーが様々な敵と戦いながら、最終的にウーとの戦いに挑むというストーリーがあります。

プレイヤーはリーを操作し、敵との戦闘を繰り広げます。

ゲーム中には、キックやパンチ、ジャンプ、回避などの動作を駆使して戦います。

当時としてはグラフィックが非常に高品質で、また、敵キャラクターの種類も豊富であったため、多くの人々に愛されました。

また、ゲーム中に流れる音楽も印象的で、その後の格闘ゲームに多大な影響を与えました。

敵の攻撃パターンが異なるため、繰り返しプレイしても飽きがこないのも魅力の一つでした。

さらに、ゲームにはリー以外にも様々なキャラクターが登場し、それぞれ独自の技や個性を持っていました。

プレイヤーはそれらのキャラクターと対戦することで、ゲームの奥深さを体感できました。

当時のゲーム業界に多大な影響を与えたゲームの一つです。

格闘ゲームのジャンルを確立し、その後の格闘ゲームの発展に大きな貢献をしました。

ファミリーコンピュータの普及にも一役買ったゲームであり、多くの人々に愛され続けています。

このゲームは、日本をはじめとする世界中で人気を博し、多くのプレイヤーに支持されました。

また、その後に発売された「ストリートファイター」や「餓狼伝説」などの格闘ゲームにも影響を与えたとされています。

今でも、多くの人々に愛される名作の一つとして知られています。