激突四駆バトル(ファミリーコンピュータ)の無料動画を楽しもう♪

【発売日】 1989年11月27日
【発売元】 アイレム
【開発元】 タムテックス
【ジャンル】 アクションゲーム

↓の動画をクリックで動画を楽しめます♪

YouTube responded with an error: The request cannot be completed because you have exceeded your <a href="/youtube/v3/getting-started#quota">quota</a>.

タミヤ ミニ四駆 ジャパンカップ ジュニア サーキット(トリコロール) T94829JAPANカツプJRサ-キツトトリコ [T94829JAPANカツプJRサ-キ..

タミヤ ミニ四駆 ジャパンカップ ジュニア サーキット(トリコロール) T94829JAPANカツプJRサ-キツトトリコ [T94829JAPANカツプJRサ-キ..
17,260 円 (税込)
評価 3.75
[タミヤ ミニ四駆 ジャパンカップ ジュニア サーキット(トリコロール) T94829JAPANカツプJRサ-キツトトリコ [T94829JAPANカツプJRサ-キツトトリコ]] の商品説明【トリコロールカラーの3レーンコースでマシンをセッティング】●3レーンのミニ四駆大型コース、ジャパンカップジ..

タミヤ GP.519 HG 丸穴ボールベアリング (4個)【15519】 ミニ四駆パーツ

タミヤ GP.519 HG 丸穴ボールベアリング (4個)【15519】 ミニ四駆パーツ
1,180 円 (税込)
【返品種別B】□「返品種別」について詳しくはこちら□2018年12月 発売※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。【商品紹介】タミヤ GP.519 HG 丸穴ボールベアリング (4個)です。【マシンの性能アップやセッティングに役立つパーツです】高精度な仕上が..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

概要

1989年にアイレムから発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲームです。

このゲームは、タミヤのミニ四駆のような四駆車を操作して、画面内を走り回るライバル車と体当たりをして壊していく、非常にシンプルでわかりやすいゲーム内容となっています。

タミヤのミニ四駆は基本的にレース形式でスピードを競う玩具ですが、このゲームは「激突」や「バトル」という言葉が示す通り、自分の車で敵車に体当たりをして壊していくことが目的となっています。

ゲームの舞台となるステージは箱庭のような密閉空間となっており、画面内のあらゆる方向から敵車が次々に現れてきます。

プレイヤーは敵車との体当たり合戦を繰り広げ、敵車を壊していきましょう。

あるいは体当たりで敵車をはじき飛ばし、壁や障害物に衝突させて破壊する、といった戦術も取れます。

ステージは全部で8面あり、各ステージで指定された台数の敵車を破壊することがクリア条件となっています。

画面上部にあるレーダー画面からは、ボーナスアイテムや残りの敵車の位置などの情報が一目で確認でき、戦闘を有利に進めることができます。

操作性は非常にスムーズで、加速、減速だけでなく180度方向転換も一瞬で行えるほど手応えが良くなっています。

これにより敵車との接近戦をより面白くできています。

自分で使用する四駆車については、ステージをクリアするごとに選択できる車種が追加されていきます。

また車のカラーリングについては最初から10種類以上から自由に選べるので、自分好みの個性的なマシンを作り出すことができます。

ただし新しい車種のタイプを入手するにはステージをクリアしていかないと増えていきません。

獲得できるアイテムについては種類こそ多くありませんが、それぞれ効果や特徴が異なるうえ重複もないので戦術的に使い分けることができます。

操作のしやすさ、スピーディーで爽快なアクション性、状況把握のしやすさなど、アクションゲームとしての基本要素がしっかり整えられており、覚えることもそれほど難しくないため、子供でも大人でもすぐに遊びだすことができます。

上級者向けの難易度や、入門者向けの「イージーモード」まで用意されていることからも、幅広い層が楽しめる作りになっていると言えます。

当時のミニ四駆ブームの影響で、多くの子供たちがスピード感やかっこよさを求めていた時代背景から鑑みると、このゲームのコンセプトはミニ四駆そのものとは少々異なる印象が否めません。

しかし純粋にアクションゲームとしての完成度は高く、システムとしてもシンプルでわかりやすい良質なものであると評価できます。

残念ながら、難易度の上昇バランスが悪かったり、ゲームのボリュームが十分でなかったりといった点で、いくつかの課題が見られます。

こうした点を改善していれば、さらに高い評価が得られた可能性があったのではないでしょうか。

しかし発売当時のゲーム状況から考えて、アイデアとゲーム性自体が非常に良かったことは間違いありません。